アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「ありがとう」のブログ記事

みんなの「ありがとう」ブログ


来 訪

2017/03/18 18:08
画像



人寄せの大地に描く暖き  高浜 虚子


 以前、お世話になったヘルパーさんが来訪し6年振りの再会だった。
 再婚し、愛するご主人とカワイイ子供たちと幸せにやっているとの笑顔にこっちまで嬉しくなった。
 
 ありがたく今もヘルパーさんをやっていて聞けば、学校の先輩宅に訪問してるそうだ。

 お土産は、シャレたケーキと市内に工場がある昔、懐かしい好物の菓子パンだった。

 何だか、この頃のブログは頂き物や食べ物ばかりだが、きょうは懐かしさが一味も二味も増していた。  感謝!
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


お疲れでした

2015/09/07 18:42

画像


配達ののぞいて行くや秋の水   夏目 漱石
 

 10年間使っていた洗濯機が突然、スイッチが入らなく壊れてしまった。
 ドラム内の汚れや消費税の税率アップを想えば「今が代え時ぞ」と大型電機店で安価な商品を選び、精算部署で消費税とリサイクル料も加算された金額に“ちょいと痛い出費だ„と例年よりずっと早くに吹き始めた折角の秋風を何処か喜べないせこーぃ自分がいた。

 物理的に精神的に足踏み状態の我を追い越してゆく季節は、唯々大きく見える。


【それっちゃkatura】
 10年前、破格の値段で買った洗濯機を「2台目、長い間お疲れ様でした」と見送りました。
 汚れ物が溜まるとイヤなのでよく洗濯はしました。二台目の洗濯機は身体的に大変な時、一緒に憂さも洗ってくれたような気がします。こころ、此処になくても風に揺れる洗濯物を見れば、気も晴れた日もありました。
 太陽の日差しをたっぷり浴びた洗濯物をその日にたたむ時、一番幸せを感じます。あぁ、ホントにわたしはちぃさいです。
記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2


こんにちは さようなら

2014/10/18 14:46
画像



行秋や消えなんとして残る雲       
               ――夏目 漱石――
 

この頃、空の雲を見るのが楽しく、日課になっています。
 薄いすじ雲などキレイで雲がないと少し寂しい感じです。
 
 28年間、使っていた電機こたつを処分しました。
 以前からやぐらの脚の部分がおかしく、騙し騙し使っていたもののとうとうボルトが締まらなくなり御役御免となりました。
 
 小倉とここ山口での一人暮らしで、冬場はエアコンも無く一人帰る部屋にこたつは、温かい存在でした。
 また、イカとピーマンの炒め物ばかり作って食べてた頃から、学生ボランティアさんとヘルパーさんのお陰で品数も増え、人並みの食卓になった今日を顧みます。

【それっちゃkatura】
 今夕も里芋と牛スジの煮物と焼きサンマと…“働いていた頃より(小倉にいた)ずっといいモン食べてんじゃん“と若かった頃を懐かしみます。
 幸運にも事業所の計らいで不要品の中古のこたつをゆずってもらいました。 感謝!
 加齢に伴い機能低下の一途ですが、同サイズのこたつが嬉しいものです。
 人生は“こんにちは さようなら“なんだぁと台風一過、こたつの脚周辺で転がる薄寒さと共に感じました。
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2


一輪の桔梗

2014/10/08 21:32
画像






たちいでて身にしみじみと秋日かな     
            ――飯田 蛇笏――
 

 髪の形が気に入らず、寒かったですが朝からシャワーにかかって通院へ行きました。
 
 予約時間通りの(普段はもっと待った)受診、検査結果も異常なし、薬も待たずにもらい、そっして、先生もご機嫌の様子でした。(笑)
 また、この頃受診日が一緒になる旧友のkさんと少しの時間でも互いの息災を喜び合う時間がありました。

 薬をもらう為に立ち寄る薬局屋さんの玄関先に咲いていた一輪の桔梗の花がとてもキレイだったので、写メを撮らせてくださいとお願いすると“どうぞ“と花をもらいました。

 障がい者でもいっぱしに背負うモノがあり、きょうのありがたい一輪の桔梗の花を背にどこまでも澄み渡る空を眺めると、気持ちも軽くなりましたよ。 感謝!
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 5


拝啓 山下画伯様

2014/08/24 11:57
新涼や青空見えて夕べなる          
             ──原  石鼎──
 


 雨の切れ目の晴れた日がこの頃の外出日になっています。 感謝…
 
 昨日、「山下清展」へ行ってきました。
 
 前回の「大浮世絵展」ほどではないものの土曜日と言う事もあり、観覧する人の列は長いものでした。
 
 人々は、作品の前でテレビのイメージを口々にしていてテレビの影響は大きいと思いました。
 
 気の遠くなる程の緻密な手作業と色の配色に心を打つ作品が沢山ありました。
 精巧な写実の中に登場する人物だけは、暖かく、可愛く感じました。あまり、主義主張をしない山下画伯ですが『「戦争」だけは絶対にいけない』と遺された文章が印象的でした。

 最近、お世話になる新顔のガイドヘルパーさんと作品についての話がティタイムでも止まらず、帰り道に見上げる少しの青空は画伯の作品を思い出すもので、改めて山下画伯の偉大さに頷くものでした。
 行ってよかったと思う展覧会でした。  
     ありがとぅ、ございます。 山下画伯

記事へナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


手土産

2014/07/10 12:29
画像


傘さしてふかれに出し青田かな 
                    ――加屋 白雄(かやしらお)――
 


 昨日、田舎から帰って来ました。

 アパートへ向かう車中、思うことは台風の影響がどのぐらい?ということでした。
 
 昨朝、近所に住む叔父が朝摘み野菜など届けてくれました。
 叔父は、会社勤めと農業の兼業農家からお嫁さんと共に野菜を作る専業農家となりました。
 その野菜からの加工品も立派な副産物でうれしいお土産となりました。

 車中から見える青田は強風にあおられ、色も鮮やかでツンとした手土産の鞘インゲン豆にも似ていました。
記事へナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4


「大浮世絵展」

2014/06/29 20:53
画像




かしこにてきのふも啼ぬかんこどり
               ――與謝 蕪村――



 隣県から来た絵画好きの友人夫婦と県立美術館で開催されている「大浮世絵展」へ行きました。
 先日、一週間を置くことなく5万人から6万人の来場者に達したニュースに驚いたばかりでしたが、な、な何と!車を降りたらスピカーを片手に「誠に申し訳ございません、整理券を持ってこちらにお並びください、最後尾はこちらで〜す。」と汗をかきながらの系員の人が来館した人々に呼びかけていました。
 えっ、どうしたんだ!この人の多さは…事件だ!奇跡だ!お祭だ!と通常、人混みを避けての外出が多いわたしはチョット、平常心を失いかけました。
 館内に入ると、数本の長蛇の列にまたまた驚きました。同行の友人たちは、街の暮らしに慣れているせいか、オタオタせずスマートに車イスを押してくれました。(こんな空気は、慣れっこ…ぅう、katuraだけ田舎モン)
 
作品が作品だけに多量の(人の息)二酸化炭素が触れると作品に影響があるので館内での鑑賞可能人数は、70人の制限があるということでした。
 当美術館は、出来たばかりの高校生頃から現在に至るまで来館していますが、こんなことは、初めてでした。

 「日曜日の観覧もまた、よし」かと思い、同行の友人に感謝しましたよ。
 人が多く、あまり観れない作品も多い中、巨匠ゴッホの印象的なコメントが面白い、巨大な波と木の葉のような舟と富士山が描かれた北斎の「神奈川沖波裏」がよかったです。
友人も 「国内外からの収蔵作品がここに集められた事に見応えがあったね」と喜んで帰りました。

<お詫び>
 どぅやっても画像が横に傾き、正面を向いてくれません 悪しからず


記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


恩 師

2014/02/06 18:19
霜除に乾かぬ雨や春浅し 
                    ――久保田万太郎――
 


 先週の暖かさと打って変わり、今週は外出をためらう気持ちにさせる天候です。
 氷雨降る中、大きな傘となる商店街も行く人は少なくその日の寒さを物語っているようでした。

 信号の数十メートル手前で偶然、養護学校時代の恩師に逢いました。
 始めはもしや?の面持ちでしたが互いに当人だと分かった瞬間は、それはうれしいものでした。
 立ち話でしたが、近況報告などで通院はしながらも元気に暮らしておられる様子に安心しました。
 
 別れ際「信号まで押してあげよぅ」とやさしい先生のご好意に甘え、車イスを押してもらいました。
 徒歩で自宅まで帰ると言う先生の後ろ姿を少し明るくなった空の下、見送りました。


【それちゃkatura】
 5分も違えば出来なかったかな?と思う再会でした。
 恩師は、養護学校を定年退職された後、市内福祉施設の嘱託職員(言語療法士)をされ、けして上から目線で物を言う方でなく、施設を出た後も地域で暮らす私たちをいつも応援してくれていました。
  お年を取られたせいでしょうか……以前、記憶にあったユーモア交じりの早口の口調はゆっくりとなり、重厚さをより感じました。
 
 商店街を通る人の平均年齢は「51歳」と聞きます。ですが、交通弱者にはやはり、ありがたい生活・商業エリアです。徒歩で行けるのが「さいわい」です。
 
画像



記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4


もっと!

2014/02/04 18:18
画像






しみじみ生かされてゐることがほころび縫ふとき
                         ――山 頭 火――
 

 きのうはわりと暖かな節分でした。
 
 きょうから暦の上では春がはじまる日ですが、デイの行き帰りみぞれに見舞われ、帰宅してからくしゃみの連発にあわてて上着をはおりました。
 
 形のかわいらしさに惹かれ「ユーフォルビア 峨眉山」と言う多肉植物を過日、買いました。
 黒いポットのままでは何とも味気ないのでポットの周りを紙粘土で覆い、ペンティングし見栄えと強度増しにニスで仕上げました。
 ゴツゴツした球状の先にピンピンと出た葉っぱがテンションを上げてくれますが、デイでOTさんに助けてもらい作れたカラフルポットは、もっと気分を上げてくれます。 感謝!


【それちゃkatura】
 多肉植物は葉や茎に水分を蓄え、厳しい環境でも生き抜く(耐乾燥)ように進化した不思議な植物だそうです。
 Katuraも少し、進化しょ

画像
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


秋の空

2013/10/03 14:18
画像

画像



むかしから穴もあかずよ秋の空
                 ――榎本 其角(えのもときかく)――
 

 あぁー、やっぱり 街に出ると楽しい。
 
 近隣デパートの同じ階で片や鼻と腹をくすぐるK県の「観光と物産展」から漂うあぶらぎった香りと片や秋の夜長にふさわしいある画家の油絵展が同時開催される中、わたしは迷うことなく、芸術の秋を堪能し(どっか悪いのか?)
「これを『花より団子』の逆を言うんですよね」とすまし顔でガイドヘルパーさんに言いデパートを後にした。
 
 信号を渡る時、さわやかな秋風に窓全開で凄い音響の下、停車するF県ナンバーの車に目が行った。
 選曲はディスコナンバー、車もあまり見ない古い型、おまけにハンドル握る人もkaturaと同年代のロン毛だった。
 “要らん 世話じゃ!”と思われてもガイドヘルパーさんも同じ着眼点だったことがこれ可笑しく、帰路に向かう途中でも笑った。

 “秋は秋刀魚だ”と市場で安価な刺身と焼き用サンマを買って、窓の外を見たら、中庭の樹の枝にカレイが風に揺れていた。干物用なんだと分かっても何だか笑いを誘い、且つ美味しそぅだった。

 【それちゃkatura】
  きょうは、よく笑いました。
 優しい絵柄のノブ・サチさんの油絵展は、本当に癒されました。

  今までお世話になったガイドヘルパーさんが今月で退職されるそうです。でも、同じ介護職で頑張るそうです。
  介護・福祉は繋がっているんで「おわかれ」とは思いません。
  kガイドヘルパーさん、お世話になりました。 一緒に歩いて 笑って くれてありがとぅ

  最後に撮ってもらった秋の空は、何処までも青く続いていました。

画像
記事へ面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2


タイトル 日 時
花も団子も
花も団子も やわらかな手中の春や願い満つ                       ――katura―― ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

2013/03/26 18:01
寒 風
寒 風            冬のグリーンカーテン 美味し、懐かし ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/02/19 17:10
紅い合羽
紅い合羽                『ただぃまぁ、お疲れ様でした』 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

2013/02/07 12:52
お一人さまのお正月
お一人さまのお正月 正月の人あつまりし落語かな                     ――正岡 子規――   ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/01/03 14:31
師走の空
師走の空 声太き牛の訴へ寒青空                     ――西東 三鬼――   ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/12/02 20:53
お疲れ様でした
お疲れ様でした 老はものの何か忙がし短き日                  ――高浜 虚子――   ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/11/23 14:46
いただきます
いただきます あおぞらのきれい過たる夜寒哉                                           ――小林 一茶―― ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/10/13 16:47
何ちゃなぃ
何ちゃなぃ                                 酷暑のせい?ガーベラもまるでひまわりのよう ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/08/30 11:21
さくらんぼ
さくらんぼ 茎右往左往菓子器のさくらんぼ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/07/05 13:10
寒アヤメ
寒アヤメ        夏季の花より背丈も低く 寒気にドッシリ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/05 16:34
ごちそうさまでした
ごちそうさまでした 豆腐焼く串にはらはら時雨哉                      ――夏目 漱石―― ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/04 16:42
ムフフ…
ムフフ…    塩辛を壺に探るや春浅し                    ――夏目 漱石―― ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/02/15 22:01
自助具
自助具                        いいねぇ、この傾斜!       ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/01/28 16:42

トップへ | みんなの「ありがとう」ブログ

ダークKATURA ありがとうのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる