ダークKATURA

アクセスカウンタ

zoom RSS 田舎の灯

<<   作成日時 : 2017/06/23 20:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

蛍よぶ昔も今も同じ唄     星野 立子

蛍火が照らす細かき羽使ひ  山口 誓子


先週の中頃、帰郷した。

 見られないと思っていた飛来する数十匹のホタルを拝めた。

 久し振りの星…車椅子で進んでも進んでも北斗七星はずっと頭の上にあった。

 山手の高速道路のハイウェイボール灯も水田に映り幻想的だった。

 みっつの「光」に包まれ こころも照らされた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
そうよね。逃げても逃げても追いかけて来る
お星さまを捕まえようと思った事もありました。
いつも見守ってくれているのですが、
どうも我慢が出来ない事があった時には
現実逃避したくてね。
色々な事を思い出すお星さまですよ。
今年はまだほたるを見ません。
夜の運転が怖くなった私ですよ。
夢子
2017/06/25 20:49
夢子さん、おはようございます。
人は、生活に追いやられ空を眺めることを忘れがちですね。
「こわい」と思ったらやめて下さいよ。わたしもこの頃の目の疲れが気になります。
蛍鑑賞ができたもは、希少でした。
katura
2017/06/26 10:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
田舎の灯 ダークKATURA/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる