ダークKATURA

アクセスカウンタ

zoom RSS かわいいお話

<<   作成日時 : 2014/12/25 19:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像





わらべらに寝ねどき過ぎぬクリスマス
              ――山口 誓子――


 「“ママがサンタなんでしょ?„と息子から言われちゃって…否定もできないから笑って誤魔化しちゃいましたよ」と言いながら、訪問のヘルパーさんが顔をほころばせていました。
 
 聞けば、去年までしっかりサンタクロースの存在を信じていて「サンタはママなんだよ」と今年は、友達からのありがたい?洗礼があったそうです。
 
 意外とサバサバしていて「(サンタが)ママだったら、○○を買ってもらおうかなぁ♪」と独り言も言っていましたとつけ加え、クリスマスプレゼントに映画を観に行くのが楽しみだと帰って行きました。
 

【それっちゃkatura】
 いつもお世話になるヘルパーさんと帰り際、わずかな間の会話でした。
 毎年、飲食に押されるクリスマスですがこんなかわいい話を聞いてちょっとファンタスティックな夜になりました。
 Katuraもサンタクロースの存在を信じていたのもヘルパーさんの息子さんと同じ年頃でした。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
そうでしたね。我が家の子ども達も同じでした。
今年は忙しくてクリスマスケーキを食べなかった。
落ち着いてから買ってきて食べよう〜〜〜
でも、クリスマスって何故か夢があってこの年になっても
ウキウキします。
誰もプレゼントくれなかったけどね。
夢子
2014/12/26 00:17
夢子さん、毎日お疲れ様ですね。
サンタクロースの存在が親だったり、近親者である事を知るのは、成長の過程にありますよね。
クリスマスケーキ、今年は友人がシンプルなバタークリームケーキをプレゼントしてくれましたよ。
katura
2014/12/26 09:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
かわいいお話 ダークKATURA/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる